ニキビ洗顔には注意しなければならないことがある

女性

洗顔時の注意点

洗顔

中学生くらいの思春期の時期は、顔のニキビに悩む傾向にあります。そもそもニキビの発生の原因は、肌の皮脂分泌が過剰になって毛穴が詰まるためです。過剰に分泌された皮脂にアクネ菌が付着して炎症を起こすことで、ニキビができます。そのため、皮脂をきれいに洗い流そうと、一日に何回もニキビ洗顔をする人は多いです。しかし、実は洗顔をやりすぎると、さらにニキビの症状を悪化させてしまいます。その理由は、肌を保湿する皮脂も全部洗い流すので肌が乾燥してしまうからです。肌の水分や油分が乾燥で蒸発すると、それを補おうとさらに皮膚は皮脂を出します。過剰に分泌するあまり、さらに毛穴に皮脂が溜まってニキビが増えていくのです。そのため、肌トラブルを解消するには、洗顔に注意するべきです。

ニキビ洗顔は、元来ニキビを引き起こす余分な皮脂や汚れをしっかり落とす事が大切です。その逆に、洗いすぎると、肌に必要な水分や油分がなくなって乾燥を招きます。さらに、ニキビが出来やすくなるので、ニキビ洗顔は朝と夜の1日2回に留めることが大事です。それと、ニキビ洗顔では、使用する洗顔料選びも重要です。ドラッグストアで販売されている洗顔フォームは、洗浄力が強い成分が含まれています。なので、肌に大きなダメージを与えることになるので控えたほうが良いです。お勧めなのが、添加物が少なくて植物エキスが配合されている洗顔石鹸です。洗顔石鹸は、肌を保湿する成分を残しながら、汚れを落とすことができます。洗顔フォームよりも高いですが、ニキビ治療には高い効果を発揮してくれます。

石鹸で美肌になる

ソープ

数年前までは石鹸と言えばクリーム状のものが女性にとっての主流でしたが、近年では安全性の理由から固形石鹸を使って洗顔する人が増えています。この洗顔石鹸は余計な成分が少なく、クリーム状のものと比べると肌トラブルが少ないイメージがあり、低刺激な方が美肌につながるという考えの女性が増えているため人気です。

» 詳しく読む

発生しやすい傾向です

お尻

お尻は蒸れやすくニキビができやすい場所です。一度できてしまうとなかなか治らないため、汗で雑菌が繁殖しない様にするなどの対策が必要になります。また、粉瘤も同じ部位に発生するため、改善しない場合には皮膚科に相談するとよいでしょう。

» 詳しく読む

素肌を守るために

コットン

オンリーミネラルは、あくまでシミやシワをカバーして予防するものになります。ですから、改善するために使用する場合は注意が必要になります。ミネラル成分たっぷりで肌に負担をあまりかけずにメイクが出来ると人気が高いです。

» 詳しく読む